お部屋の大きさに合わせて時計を選ぶ

お部屋の広さでどんな時計を置くかを決めることができます。時計の大きさは小型、中型、大型とありますが、大型は学校の教室のようなお部屋に飾ることが一般的となっているので、だいたいのご家庭で利用されているのは小型、中型がほとんどです。1日のうち私たちは意外と時計をたくさん見ています。広いお部屋で小さな時計を置いても見にくいですよね。そう思ったとき、ある程度の時計の大きさが必要になってきます。お部屋の様子をみて置時計を決めてみましょう。


お部屋の用途によって時計を選ぶ

お部屋はリビング、玄関、寝室、台所、また、会社ではオフィスなどといった用途によって、どのような時計を設置したらいいかを考える必要がああります。例えば、玄関であれば、バックライトが付く小さな時計や、バスルームや台所には防水機能がついた時計や子供部屋には、明るい文字盤が見やすい部屋があかるくなるような電波時計や勉強の為にアラビア数字を使った時計を置くなどして工夫することが大切です。さらに、亜室には丸型より四角や八角などの時計が合わせやすいです。


使う人の年齢を考えて時計を選ぶ

例えば、最近では高齢化社会で、自宅で介護されているお家や、老人ホームなどの公共施設もたくさんありますが、その方たちがご自分で時間をチェックするために欠かせない時計の選び方は、文字盤が大きく正確に時刻を伝える時計です。音が鳴るなどの機能がついているものもあり、どなたにでも正しい時刻を知らせることのできる時計がいいでしょう。また、お子様のお部屋にはからくり時計など可愛らしい時計もたくさんありますので、家族の年齢など考えて選ぶことも一つの方法です。



スイスの熟練の職人たちが作り出す、機械式時計の数々。「質実剛健」なものづくりに徹する「ロレックス」はその中でも異端児的な存在といえます。